災いがさる2016年にお勧め! 申年招福アイテムです。

スポンサードリンク

2016年は「申年」です。申は「サル」と読みますよね。
余談ですが、SPパレットがある熊本県のお隣、福岡県の福岡市では、住宅の入り口に猿のお面が掛かっているのを見ることがあります。 これは、サルが「去る」に転じ、災いが去り福が来るという縁起を担いでいるのだそう。 先日、ここのお面を配っている、猿田彦神社に行ってきたばかりです。

日本神話に出てくる猿田彦は、天孫降臨の際にニニギノミコトの道案内をした神様だそうです。この由来から、新しい事を始めたり契約の無事な締結を願う人の信仰を集めていると聞きました。 さて、そのように縁起の良い「サル」アイテムも勢ぞろいしています。

年末の足音が少しずつはっきりしてくるにつれて、商品もどんどん品薄になっております! 贈る方、受け取る方双方に「難がさる」そして、幸福が訪れる一年となりますよう、逸品をお選び下さいませ。