4月1日が新年度の初日になった理由は?

スポンサードリンク

4月1日は、新しい年度の始まりの日である。
年度とは、何かの目的のために設定された1年間の区切りで、主に公共機関の会計年度や学校の学年の年度の始まりの日である。

法的に公共機関の会計年度は、次のように定められている。
  • 財政法 第十一条 国の会計年度は、毎年四月一日に始まり、翌年三月三十一日に終るものとする。
  • 地方自治法 第二百八条 普通地方公共団体の会計年度は、毎年四月一日に始まり、翌年三月三十一日に終わるものとする。

なぜ?4月1日が新年度開始?

江戸時代には、年度という考え方がなく、暦通りに年次で区切っていました。
明治になり、財政状況の都合で年度の区切りが変えられていました。
1886年(明治19年)に年度を4月1日から翌年の3月31日にすると定められました。

これには2つの理由あったそうです。(諸説あります)
  1. ①当時、主要な税収源であった地租を得るのに秋に収穫された米が売却されて得た現金収入から税収を得て、収入をきちんと把握した上で予算を執行すると考えたので、4月1日を年度始めにしたほうが合理的だったから。
  2. ②当時の超大国イギリスの会計年度の区切りが4月1日から翌年の3月31日であったからこと。

●学校教育法施行規則により 小・中・高校,大学の「学年」は、「4月1日に始まり、翌年3月31日に終る」となっています。

明治初期、特に入学時期は決まっていなかったが、当初は9月入学のところが多かったようです。
理由は、外国人教師が多かったからだとも言われています。 1886年(明治19年)10月に、高等師範学校が学校の年度を4月1日から翌年3月31日にすることを決定。
1888年(明治21年)、全国の学校が4月入学を取り入れるようになりました。

これにも2つの理由があります。(諸説あります)
  1. ①政府の年度が1886年に4月開始であったため。
  2. ②軍部からの影響。

士官学校等の軍関係学校の学校の入学は4月入学でした。9月入学の一般学校の約半年後の4月に入学となると、優秀な学生が軍の学校よりも普通の学校ばかりに流れてしまう。
こういった軍部からの不満やクレームがあり、軍関係学校の学校の入学時期に合わせた。

当時、世界では様々な暦が、宗教上の違いなどで使われていました。
特に、欧州では、1582年からユリウス暦からグレゴリウス暦に変更されました。
しかし日本が手本にしたイギリスでは変更されませんでした。
プロテスタント国のイギリスは、カトリックのローマ教皇グレゴリウスが提唱したことに反発したのです。

しかし、周辺国々ではグレゴリウス暦に変更していたもあり、英国国教会は1752年にユリウス暦からグレゴリウス暦に変更しました。

この時、3月25日(キリストの受胎日&春分日)が正月としていましたので、困ったことが発生しました。
商売で、年末にまとめて支払っていたのに、急に3ヶ月も変えられては困ってしまう。というものでした。

そこで、イギリス中世以来の伝統でる1年後の支払いは年明けの6日後まで猶予するという習慣を利用し、25日の6日後の3月31日を締切りとしました。そして、翌日の4月1日を会計年の年初日にすれば区切りも良いとされ、イギリスでは会計年度が4月1日から翌年の3月31日になったのです。

以上の様に「会計年度」と「学年年度」があり、現在でも世界各国の暦や慣習によって少しずつ異なっています。気候も歴史も文化も異なる世界が総て一緒になる事は、ある意味恐ろしいことなので、このへんの違いはあっても良いのかも知れませんね。

« ←前の記事|次の記事→ »