階段が国道!?

スポンサードリンク
私たちの仕事に欠かせない運送、その多くは、高速道路はもちろん、国道や県道を利用して運搬されています。
しかし、車が通れない、普通の石畳の階段が国道というユニークなところがあるってご存じでしたか?

青森県の津軽半島にある竜飛(たっぴ)岬を周回する国道339号で、全長約300mの区間がこの階段国道となっているのです。

昭和49年(1974年)国道建設の際、この階段部分だけは傾斜が急で坂道を造る事が出来なかったため、地元の住民が使っていた階段をそのまま国道の一部として残されたそうです。

多くの人は、「国道」と聞くと、自動車が行き交う道路をイメージされると思いますが、階段の他にも変わり種の国道があります。 それは「海上国道」と呼ばれ、船しか走れない国道です。 このような変わり種の国道があるのは、「一般国道の路線を指定する政令」によると、ルート上に海上区間があっても、フェリー等で結ぶことによって、1本の交通系統として機能すれば問題がないと認められているからだそうです。

代表例は、愛媛県佐田岬にある三崎と大分県佐賀関を結ぶ国道197号、鹿児島市から種子島と奄美大島を経て、沖縄県那覇市まで続く国道58号があります。

全国には、もっとあるかも知れませんね、ぜひお住まいの地域でも調べてみたらいかがでしょう。

 


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 経営ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 経営ブログ 広告・マーケティングへ
にほんブログ村