防災の備え、考えてみませんか?

スポンサードリンク

まもなく東日本大震災から6年。そして、熊本地震からは11か月が過ぎようとしています。 その間にも、昨年秋には鳥取での大地震が発生しましたし、それ以降も日本中あちこちで強い揺れの回数が増えたように感じている方は多いはず。 

私どもSPパレットも、昨年の熊本地震では大変な思いをいたしました。 あれからもうすぐ1年。 幸いに早い段階で立ち直ることが出来ましたが、未だに夜の揺れには体が強く反応しますし、貴重品、懐中電灯携帯ラジオ、着替えといった非常用の品は手元から手放せません。 

というのも、4月16日深夜の本震発生時に停電し、そのために避難するのも真っ暗な中恐る恐る(しかも強い揺れが襲ってくる中)で、普段でしたらすぐにたどり着く玄関まで手さぐりで・・・本当に怖い思いをしたためです。 普段からの備えの大切さを、あの時ほど痛感したことはありません。

こんな思いをしたい人はいらっしゃらないでしょう。しかしながら前述のとおり、日本のどこかで地震はおきていますし、地震以外の自然災害も頻発しています。 そんなときに、避難する際に必要な情報や、万一被災して避難生活を送る際の生活情報などが入ってこなかったら? 私の体験談で恐縮ですが、避難する際に貴重品や数日分の着替えなどは持って出ましたが、全く頭に無かったのはスマホの充電器。 車のエンジンを掛けている間はカーラジオで凌げたものの、携帯できるラジオが無かったのも不便でした。 もちろん、真夜中の停電している中に避難するのに懐中電灯が無いのは言うに及ばず、です。

防災に関するアイテムも、ノベルティとして多数ご提案しております。
一見、出番が来ない方が良さそうな防災グッズ。 そこで、これらをエンドユーザー様に向けて防災意識の啓もうとしてお使い頂いてはいかがでしょうか。 大切なお客様に身を守る事の大切さをアナウンスすることは無駄ではありません。 また、非常食や飲料水など家庭の備蓄の「賞味期限」が過ぎている・・・という話も良く耳にします。 販促キャンペーン時など、エンドユーザー様とご担当者様が密にコミュニケーションを取られるタイミングに合わせて、「備え」の大切さを皆様でお考え頂く一助となれば幸いです。

【担当者が厳選!?】

熊本地震を体験した弊社担当者がチョイス。取扱いノベルティの中から「あると便利!」「無かったので困った!」アイテムをご提案します。

ご発注のタイミングによっては、欠品または完売となっていることがございます。事前にお電話で在庫確認をされることをお勧め致します。