節分の由来

スポンサードリンク

2月3日は「節分(せつぶん)」ですね。節分とは、その文字のとおり季「節」の「分」かれ目の意味で、「季節を分ける」つまり季節が移り変わる節目の日を指しています。春夏秋冬それぞれに節目があり、立春・立夏・立秋・立冬と1年に4回あったものでした。

ところが、立春だけを1年のはじまりとして特に尊び、立春の前日だけ節分と言うようになりました。江戸時代以降大晦日と同じ重要な日となっていったようです。そして立春を1年のはじまりである新年と考えることで、つらい冬を無事に過ごして春を迎える嬉しい日であったのです。立春を1年の始まりと捉える暦は、今でも風水などで活用されており、干支暦と呼ばれています。

節分に豆をまくのはなんで?

平安時代の宮中では、中国から伝わった風習で大晦日に陰陽師らによって旧年の厄や災難を祓い清める「追儺(ついな)」の行事が行われていました。
その行中で、「鬼の姿をした官職の者を災害や疫病などの災いに見立て、黄金の仮面を被り矛や盾を持った者が、豆を撒き散らしながら悪魔悪鬼を追い払う」というものがありました。

豆をまく子ども室町時代以降は豆をまいて厄払いをする行事として民間にも定着していきました。京都では表鬼門にあたる「吉田神社」と裏鬼門にあたる「壬生寺(みぶでら)」の節分祭が有名です。豆は、鬼の目(魔の目=魔目(まめ))に豆を投げつけ、鬼を退治する「魔滅(まめ)=魔を滅する」と言われ、無病息災を祈る意味があるそうです。

昔、京都の鞍馬に鬼が出たとき、毘沙門天のお告げによって大豆を鬼の目に投げつけて鬼退治という話が残っています。

ちなみに、豆まきに使う豆は炒った豆でなくてはなりません。なぜなら、生の豆を使うと拾い忘れた豆から芽が出てしまうと縁起が悪いと言われているからです。

「炒る」は「射る」とも解釈され、鬼や大豆は陰陽五行説(「木」「火」「土」「金」「水」の五行)の「金」にあたり、この「金」の作用を滅するといわれる「火」で大豆を炒ることで、鬼を封じ込めるという意味もあるからです。
火で炒った豆を人が食べることで鬼を退治した、ということになるわけです。

鬼のパンツはトラ柄ちなみに「鬼のパンツ」がトラ柄なのは・・・
鬼のパンツはヒョウ柄ではなく、トラ柄なんですよ!その訳は「鬼門」に由来します。「鬼門」は読んで字の如し、鬼の出入りする方角のことで「北東」です。この方角は別名「艮(うしとら)」。干支では「丑」「寅」が対応するので、そのため古来から鬼は「牛(丑)」の角(つの)をもった姿で、「虎(寅)」のパンツを身に付けているのです。

鬼とは、何かしら特別な恐ろしい存在だと受け取られがちですが、私たちの中にあるネガティブな思いを外在化させた存在だとも言われています。
ですから、火で炒った豆を食べるのは、心身共に健やかに過ごせますように・・・という願いが込められているのでしょうね。
春を迎える嬉しい日である立春には、新しい気持ちですっきりと迎えたいものです。

節分には・・・お面付節分豆 (29820)

参考文献
丸山照雄 『現代人の宗教3 金光と大本 教典その心と読み方』 御茶の水書房、