熨斗について

スポンサードリンク
熨斗〔のし〕とか水引は贈り物につけられる飾りのことです。
熨斗は祝儀の贈り物の右上に添えられているもので、複数の紙片を折り重ねたオーナメントで、水引は包み紙を結ぶ紙製の紐のことです。

【意味と特徴】

熨斗には紅白などの色紙に黄色の細長い紙が挟まれているものです。
これは干した鮑〔あわび〕を簡略化して表現したものです。
熨斗は結婚式や快気祝い、出産祝い、中元・歳暮などに用いられ、お祝い事の時に生臭物〔なまぐさもの〕(魚や肉など)を食べるという昔の習慣から来ているものです。

水引には1色のものもあり、通常は2色組み合わさったものが基本となっています。
慶事には紅白や金銀、弔事には黒白、銀白と使い分けられています。

結び方には「蝶結び」と「結び切り」があり、蝶結びは婚礼以外の祝儀全般に用いられます。
これは、何度も結んだりほどいたりできる結び方で「こんな喜ばしいことは何度あってもいい」という意味で祝儀用として用います。
結び切りは、水引を細〔こま〕結び(真結び)にし、二度とほどけないくらいかたく結ぶことから「二度と繰り返してほしくない」という意味を込めて、婚礼と弔事全般に用います。
結び切りには輪を形どった「輪結び」の(婚礼用)と、目じりの小皺を表現した「老いの波」の(結納用)などがあります。
これらは基本的な結び切りから変形したもので、美しい装飾結びで、年老いるまで末永く幸せになってほしいという意味がこめられているそうです。

様々な人の思いを結び方にも込めるという、いかにも日本文化的な考え方が水引にもみられます。

【起源と歴史】

熨斗には紅白などの色紙に黄色の細長い紙が挟まれているものです。
熨斗とは本来「のし鮑(あわび)」のことでした。
当時は大変貴重な保存食品だったのし鮑を四角形の色紙に包み、贈り物をする際に包み紙と水引の間に挟むのというのが習慣でした。
のし鮑は塩漬けにして薄く伸ばし、細長く切り取って乾燥させたもので、神様への供え物に用いられていました。

また鎌倉期以降は武家の出陣や帰還の祝儀にも用いられ、江戸時代には長寿の薬としても重宝されたようです。
鮑の匂いは邪気を祓うとされ、のし鮑のついている贈り物は、新鮮で汚れがないものと信じられていたのです。

一方、水引は元々紙を縒(よ)ったものではなく麻布を使っていました。
飛鳥時代、遣隋使の小野妹子が持ち帰ったとされる隋からの贈り物には、紅白の麻紐が用いられていたそうで、これが水引の起源といわれています。
これ以降、宮中に広まり、室町時代には麻紐から紙になったと言われています。

【方法と形式作法】

熨斗には、様々な色・形・折り方のものがありますが、用途によって厳密に使い分けられているわけではないようです。
今では水引と共に熨斗紙や祝儀袋に印刷されているものが多く一般的です。

水引は細長く切った和紙をねじって細くし、こよりにしたものを5~10本程度並べて糊附けし、乾燥させて出来上がります。
どんな種類の贈り物にも用いる事ができますが、結婚祝いや見舞い、葬儀など場合によって色や結び方が変わります。
水引は贈答品の装飾だけでなく、単体でお正月飾りや結納品、結婚式の会場インテリアなどに用いられています。

(地方によって異なる場合があり、諸説あります。)

« ←前の記事|次の記事→ »