日本の「月」の呼び方。

スポンサードリンク

■1月:睦月(むつき)

陰暦正月の異名。睦び月。 [季] 春。
日本の月の異名は 旧暦(太陰暦)で呼ばれていたもので、「万葉集」や「日本書紀」などでも記載が見られるものです。
睦(むつ)び月。身分の上下なく、老若男女、親族一同が集まって睦びあう月。
正月に親しい者が集まり睦み合うという事から『睦び月』より付けられました。他に、「元つ月(もとつつき)」「萌月(もゆつき)」「生月(うむつき)」などの諸説があります。

■2月:如月(きさらぎ)

衣(き)更(さら)着。衣類をさらに着る月。
寒さに関する複数の説があり、衣を重ね着る様から『更に衣を着る=衣更着(きぬさらぎ)』など。
中国の2月の異名「如月(じょげつ)」に由来しているとされています。
日本では旧暦2月を如月(きさらぎ、絹更月、衣更月と綴ることもある)と呼び、現在でも2月の別名としても用いています。
旧暦2月でもまだ寒さが殘っているので、衣(きぬ)を更に著る月であるから「衣更著(きさらぎ)」と言う説。
草木の芽が張り出す月であるから「草木張月(くさきはりづき)」と言う説。
前年の旧暦8月に雁が来て(來て)、更に燕が来る(來る)頃であるから「來更來(きさらぎ)」と言う説。
陽気が更に来る(來る)月であるから「氣更來(きさらぎ)」と言う説。
この他に梅見月(むめみつき)、木目月(このめつき)等の別名もある。旧暦二月は新暦の3月ごろにあたり、梅の花が咲く時期だからとも言われています。

■3月:弥生(やよい)

弥(いや)生(おい)。草木がいよいよ生い茂る月。
弥生の「弥」という字には「いよいよ・ますます」といった意味があり、草木がいよいよ生い茂る月「木草彌や生ひ月(きくさいやおひづき)」が詰まって「やよひ」となったという説が有力とされています。
日本では、旧暦3月を彌生(やよい)と呼び、現在でも3月の別名としても用いています。
他に、花月(かげつ)、嘉月(かげつ)、花見月 (はなみづき)、夢見月(ゆめみつき)、櫻月(さくらづき)、暮春(ぼしゅん)等の別名もあります。

四季を感じながら生活をしてきた日本人の感性が、的確に短縮された言葉で表現されているなんて!感動です! そんな日本人の感性を活かしつつ、顧客満足度を高めていくために来年もお勧めのノベルティを紹介してまいります!

参考文献
三省堂 大辞林