扇子について

スポンサードリンク
弊社のノベルティにもセンスが登場する季節になりました。そこで今回は、扇子について調べてみました。扇子は、扇いで涼をとるものだけでなく、和服を着る時の必需品として使用されてきました。
芸やお茶の世界などで使われ、それぞれに形や意味を持っています。 現代では、省エネの影響で、OLやビジネスマンが涼をとるアイテムとして需要が伸びています。

【扇子の特徴】

扇子は、大きく分けて二つの役割があります。 ひとつは、扇いで涼をとるためです。 初期の扇子は全面木製で大きさも30cmほどもあったそうです。 夏用に竹と紙で軽く作られてから気軽に暑さを和らげる目的として使えるようになりました。 団扇(うちわ)とともに、扇風機やエアコンが普及するまで庶民にとっての必需品でした。
 
もう一つは、装飾品としてです。 平安時代は、貴族の正装時の必需品だったのです。 茶道や能、舞などにも欠かせない重要な道具として現代でも用いられています。 今でも和服での冠婚葬祭には祝儀扇と呼ばれる専用の扇子が用いられています。

【扇子の起源と歴史】メモ帳から装飾品へ

扇子の誕生は、平安時代初期と言われています。 数枚の木簡(もっかん)=現代のメモ帳、ノートで薄い木の板に書き込むもの・・・を持ち歩いていたため、邪魔にならないように片端を綴じて使ったのがその始まりだと言われています。 これを檜扇(ひおうぎ)と言い、当時は男性貴族のみが使っていました。 やがて檜扇に絵が描かれるようになり、装飾品として女性が好んで使うようになります。

その後、竹や木の骨組みの片面に紙を貼り、現在の扇子の原型が出来上がります。 これはメモ帳ではなく、涼を取るための夏用の扇子として登場しました。 鎌倉時代になると日本の扇子は中国に伝えられました。 中国で扇子は両面貼りとなり、室町時代に日本に逆輸入されました。 鎌倉時代までは、貴族や神職者しか使うことが許されませんでしたが、徐々に庶民の使用が許されるようになりました。 使用が許されてから能や演劇、茶道に用いられるようになり、江戸時代には庶民の必需品として重要な産業の一つに発展しました。 昭和30年代、一般に扇風機が普及しはじめて、団扇と扇子の需要は激減してしまいました。

【扇子の形式と意味】

扇子は、時と場合に応じて多くの種類があります。 和服での冠婚葬祭に用いる祝儀扇は、和服の種類(訪問着や礼装など)の違いや、男女によって使用する扇子が異なります。 茶道、能、舞などでは、茶扇、能扇、舞扇という風に決まった形式のものを使っています。 これらは扇面に描かれる絵の種類も違い、使い方も様々なのです。

例えば、茶道の世界では、膝の前に扇子を置くことが作法の一つとなっています。 扇子を自分の前に置くことで相手への敬いの念を表すと言われています。 また、能の世界では、地謡(じうたい)=情景描写や主役の心情を代弁する役・・・が扇子を使用します。 扇子を自分の前に置くことで、自分の回りに結界を張り、本来の俗な自分はそこには存在しないということを表しているのです。 扇子は、日本文化の奥深い表現と実用性が詰まったハイブリットアイテムなんですね!
 

参考資料:舞扇堂「扇子の歴史」『京扇子・舞扇堂』より、財団法人伝統的工芸品産業振興協会「京扇子- 扇の歴史」より、

« ←前の記事|次の記事→ »