包装紙について

スポンサードリンク
普段、何気なく利用している包装紙!お歳暮、クリスマスプレゼント、ベレンタインデー、入学卒業記念、お中元などなど私たちの生活には不可欠なものになっています。

しかし、近年ではエコ、自然環境保全などから出来るだけ過剰な包装をしない傾向にあります。
そこで、今回この「包装紙」=「紙」について調べてみました。

【包装紙の基礎知識】

基礎知識を知る上で、紙とはそもそも何なのか?
小中学校の体験授業?か何かで、手漉きで紙を作ってみた!という体験をされた方も多いでしょう。紙とは、日本工業規格JISでは「植物繊維その他の繊維を膠着させて製造したもの」とされています。つまり「植物の繊維を水の中でほぐしてバラバラにし、薄く金網などで抄いたもの」ということになります。

現在、紙の原料のほとんどが木で作られています。欧米では紙と同じ植物の繊維の使い古した布を原料にして紙を作っていたようです。時代と共に紙の需要が増え1845年にドイツ技師により木を繊維にする機械が作られ、主として木が使われるようになりました。

【いろいろな紙(区分)】

紙と言っても様々な種類があります。大別すると次の(A)「紙」と(B)「板紙」に分類され、さらに細かく分類できます。
(A)紙
①印刷・情報用紙=新聞紙、雑誌、OA紙、ノート、手帳、小切手、紙幣など。
②包装用紙=包み紙、封筒、お菓子、ショッピングバッグ、包装用の紙など。
③衛生用紙=キッチンペーパー、トイレットペーパー、ティッシュペーパーなど。
④雑種用紙=加工原紙、半紙、ティーバッグ、ライスペーパーなど。
(B)板紙
①ダンボール原紙=パルプ芯やダンボールなど。
②紙器用板紙=絵はがき、商品の箱、化粧箱など。
③その他の板紙=布やテープ等の芯や紙の筒、建材用防水原紙など。

【紙の原料】

パルプと呼ばれ、木をほぐして出る繊維を集めたもので、針葉樹や広葉樹から採られるフレッシュパルプと、使用後再びパルプ化した古紙パルプがあります。
最近では、木を原料としない非材木原料の紙も注目されています。
針葉樹の繊維は長いので出来た紙の強度が強くなり、広葉樹の繊維は針葉樹より短いので、しなやかな出来の紙になります。古紙パルプは一度使用されているので、紙の強度もしなやかさも低く、数回再生されると繊維が弱まり再生不能となります。

【紙ができるまで】

ほとんどが機械作業で、手で漉くのは一部の高級和紙くらいです。
①原料→②蒸解→③漂白→④調整→⑤漉紙→⑥仕上げ(巻いたり、裁断して製品化)

【紙の歴史】

紙の誕生は、約2000年前の中国と言われています。紀元前2500年頃、紙に似たパピルスがエジプトで使われていましたが、現在の紙とは異質な物です。その後欧州では主に羊の皮が(羊皮紙)使われていたようです。古代中国では、木や竹、絹などを使用していました。後漢時代の皇帝「和帝」が「かさばらなく・安価なもの」を研究するように命じて紙が完成しました。これが史上初の紙です。
日本に紙の製造法が伝わったのは610年、高句麗の雲徴という僧によって伝えられました。

日本最古に製造された紙は、現在でも正倉院に納められています。日本では仏教の写経用として普及し、徐々に和紙として完成度を高めて行きました。
江戸時代にはようやく紙の価格も下がり、一般の生活にも入ってきました。農民の副業として紙漉が広がり、現代の新聞である瓦版やかるた等に使われたようです。このように紙は、僧が仏教を広めると同時に、または戦いによって東西の文化に浸透していきました。
 
中国から中央アジア、アラビア、エジプトそして1890年ごろヨーロッパへ伝わりました。
やがて産業革命等で活版印刷が盛んになり、紙の需要も格段に増えてきました。キリスト教の布教にも大きな影響を与えました。

 

 

【まとめ】

以上のように紙は、世界の歴史に大きな影響を与え、あらゆる文明を支えてきたと言えます。
IT技術の進歩でペーパーレス時代と言われてもその需要が衰える事はないようです。
自然の恵みである「紙」によって、人間は多くのものを得ているのです。
包装紙を使って表現する慶弔の気持ちは大切ですが、少しだけ紙が与えてくれた、伝達・記録・包むという特性にも感謝したいものですね!

 

参考資料:日本製紙連合会 資料より

 

« ←前の記事|次の記事→ »