バレンタインデーについて

スポンサードリンク

女性から愛を告白する日?!
欧米では、バレンタインデーには男女関係なく家族や友人にカードやプレゼントを贈ります。

しかし日本では女性から男性へ愛の告白をする日、チョコレートを贈る日として定着しています。

 

バレンタインの起源・歴史ローマ時代から始まった

聖バレンタインデーの始まりは古代ローマ時代にさかのぼります。この時代のローマにおいて、2月14日は女神ユノの祝日でした。ユノはすべての神の女王であり、家庭と結婚の神様とされています。

毎年ユノの祝日である2月14日の翌日、2月15日から「ルペルカリア祭」という安産のお祭りが行われていました。当時習慣で、若い男性と女性は別々に生活しなければならなかったのです。しかし、ルペカリア祭の時だけ、男性と女性が巡り合う唯一のお祭りだったのです。

祭の前日、若い女性達は札に自分の名前を書き、桶の中に入れます。翌日、男性達は桶から札を1枚引き、その札に書いてある名前の女性とお祭りの期間だけパートナーとして一緒にいることが認められていました。
多くの男女はそのままパートナーと恋に落ち、結婚していました。

この祭の風習は約800年間続けられていましたが、ローマ教皇のゲラシウスは「愛する人を故郷に残した兵士がいると士気が下がる」という理由で禁止してしまいました。

それに対しキリスト教司祭だった聖バレンティウスは、結婚が許されない兵士を哀れに思い、秘密に結婚させていました。この事が皇帝の耳に入り、捕らえられ、処刑されてしまいました。
これに反発したローマの若者達は、前日の2月14日に好きな娘に愛のカードを渡す日として、そのカードに愛の殉教者・聖バレンティウスと書いたそうです。

その後、イギリスやフランスで元々考えられていた「2月14日は鳥が結婚する日」などの言い伝えと融合し、現在の「バレンタインデーは恋人達の日」というイメージが出来上がったと言われています。 日本でチョコレートが贈られるようになったのは、1958年にメリーチョコレートが東京の伊勢丹で販売促進を目的としたキャンペーンを展開した事がきっかけです。初めはあまり反響がありませんでしたが、その後女性誌に取り上げられ現在のようなブームになったそうです。

愛の言葉

欧米ではバレンタインカードの決まり文句があります。
「あなたのバレンタインより」(From Your Valentine)
「わたしのバレンタインになって」(Be My Valentine)
・・・という言葉を書いたり、カードに添えたりします。 これは、殉教者バレンティウスが恋人に贈った愛の言葉だといわれています。

参考文献
祝祭日の研究―「祝い」を忘れた日本人へ (角川oneテーマ21):産経新聞取材班 (著)
年中行事・儀礼事典 (東京美術選書) :川口 謙二 (著), 池田 政弘 (著), 池田 孝 (著)
子どもに伝えたい年中行事・記念日 :萌文書林編集部