ゴルフ用語、あなたはいくつご存じですか?

スポンサードリンク

 

キャディーさんの話に引き続き、今回もまたまたゴルフの話です。

一時期に比べると気楽なものとなりましたが、日本ではやっぱりゴルフは高級なレジャースポーツというイメージがありますね。
近所のゴルフ場の駐車場は、今も昔も高級車の展示場の様にしています。

さて、ご存じの方も多いかも知れませんが、今回はゴルフの用語についてお話します。

ゴルフの基本用語には、「パー」「バーディー」「イーグル」などというユニークなことばが使われています。

この用語のほとんどが、語源が定かではありません。ほんとうに多くの諸説があるようですが、その中の一つの説をご紹介します。


①「パー」 そのまま「標準」の意味です。

パーより1打少ないとき「バーディー」といいます。
これは、英語で主に幼い子どもが使う「小鳥さん」の意味です。
1903年アメリカのアマチュアゴルファーが打った1打に対して、他のゴルファーから「まるで、小鳥みたいだ!」と言われたというエピソードから付けられものとされています。


②「イーグル」 パーより2打少ないときです。

バーディーよりすばらいい鳥という意味で「イーグル」と呼ばれるようになったそうです。
ちなみにイーグルはワシで、アメリカの国鳥でもあります。


③「アルバトロス」 パーより3打少ないときです。

これは「アホウドリ」の意味ですが、ある大会で英国のゴルファーがロングホールのプレー中、2打で入れたら名前を付けると言い、それが実現した時に思わず「アルバトロス」と叫んだことから付けられたそうです。


④「ボギー」 「おばけ」の意味で、もともと英国ではパーのことでした。
1905年アメリカゴルフ協会発足時、意味を取り違えてパーより1打多い時とされたそうです。

何ともいい加減な話しばかりですが、それだけ一般でも楽しんでいたレジャースポーツであったことがうかがえますね。


人気ブログランキングへ