ご存じですか? ノベルティの食器は丈夫なんです。

スポンサードリンク

この度の熊本地震では、弊社のある合志市も14日の前震では震度5強、16日の本震では震度6強と、かつてない揺れを体験しました。 震源から比較的遠くないにも関わらず、エリア的な被害は少なく済みましたが、室内での被害は相当なもの。 

被害の中で、良く耳にしたもののひとつが「食器が『ほぼ』割れてしまった」というものです。

 

ご飯茶碗しか残ってないとか、コップが3つしか残ってないとか・・・。我が家でも、ハイブランドではありませんが、気に入ってそれなりの値段を出して購入したグラスや茶器は全滅でした。


そんな我が家では、無傷で残ったものもありました。 それは、私がOL時代に勤務していた会社の記念品のコップ。 見事に無傷でした! 
 
他にも、某製パンメーカーが毎年出しているシールを集めてもらえる食器は無事だったとか、百均の湯呑は無事だったとか、丈夫さと値段が反比例しているケースも。

これは福岡県西方沖地震を経験したメーカーの営業マンの話ですが、「自宅にあった自社製品は無事だったんです。 窯元に足を運んで買ったものは全滅だったのに」というケースもありました。

震災から1週間程過ぎた頃でしょうか、紙皿ではないお皿に盛りつけられたものを食べただけでホッと出来たことを思い出します。

弊社でもお洒落で丈夫なテーブルウエアをご用意しています。